2014年7月20日日曜日

[メモ] DartをCentOSにインストールする

DartをCentOS release 6.4 (Final)なんかで使おうとすると、「GLIBC_2.15' not found」と表示されて上手く動作しないことがある。

なので、自前でビルドする必要がある。
例えば、version1.5のdartを利用した場合は、以下のような感じで環境を作る事ができる。

[How to build/install dart sdk in centos 2014/07/20]
  [create env]
   sudo yum -y install subversion
   sudo yum -y install make
   sudo yum -y install gcc-c++
   sudo yum -y install java-1.6.0-openjdk-devel
   gclient config http://dart.googlecode.com/svn/branches/1.5/deps/all.deps
   gclient sync
   gclient runhooks
  [build]
   cd dart
   tools/build.py --mode=release --arch=x64 create_sdk
  [ref]
   https://code.google.com/p/dart/wiki/BuildingOnCentOS

上手くビルドできたら、 dart/out/ReleaseX64/dart-sdk/bin は以下にパスを通してあげればOK。

パッケージをアップデートしたい時
   pub get
   pub upgrade

実行したい時
dart xxx.dart

といった感じで、コマンドから操作できます。



0 件のコメント:

コメントを投稿