2012年12月13日木曜日

KyoroText で使用されている技術 その1の次

続き...

[共有メモリから取得]
 Dalvikは、アプリごとに使用しているJavaヒープをカウントしており、一定量以上のヒープを取得できないようになっています。しかし、Nativeヒープにはその制限は適用されていません。
 そこで、Androidで大きめのヒープが必要な場合は、Nativeヒープを取得することが考えられます。
 一つは、native側で mallocしてあげる。一つは、android.os.MemoryFileを使用すると良いです。

[KyoroTextの対処]
 ここまで、説明しておいて何ですが、KyoroTextでは、Nativeヒープを使用する方法は取りませんでした。Javaヒープだけで、済ませていまいます。

その2に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿