スキップしてメイン コンテンツに移動

KyoroText で使用されている技術 その3


[課題] 自動テストにどのフレームワークを使用しよう? 

作成したプログラムを検証するのに、UnitTestを書くのはもちろんのことです。しかし、加えて、ユーザー操作を必要とするシナリオも自動化したくなるかも知れません。そんな時はどうすれば良いでしょうか? Unitテストでユーザー操作のシナリオも実行できるのでしょうか? 
ユーザー操作が必要なテストは、テスターを雇ってテストを実施してもらうのはどうでしょうか? 個人で趣味で作っているような, アプリでは無理そうですね。でも、一定の品質があることを確認してからリリースしたい。そう思いませんか 

KyoroTextで採用しようとしている方法を紹介します。 


[選択できるカード] 
  そんな時は、自動人形に実施してもらえばよいのです。 今時の携帯端末は、ユーザー操作もUnitテストでかけるのです。 
  - InstrumentationTestCase 
  - Robotium 
  - NativeDriver 
  - MonkeyRunner 
などあります。 

  今回は、「InstrumentationTestCase」「Robotium」「NativeDriver」について、簡単な解説を行った後で、KyoroTextで採用した方法を紹介します。 


[Instrumentation] 
  Androidでは、ユーザー操作をプログラムで書くためのクラスが提供されています。「Robotium」「NativeDriver」もこのクラスを使用しています。 
例えば、 
  - 上下キーを押す。 
  - 画面をタップする。 
といったことができます。 


[Robotium] 
  Selenimという、ホームページをテストするためにツールを参考にしてつるられたテストツールです。Android sdk で 提供されている AndroidInstrumentationTestCaseを使用してテストシナリオをかきます。 
基本は、Android Sdkで提供されている機能を、簡単にラッピングして使い勝手を良くした。のと、SeleniumライクなApiを実現するために、ひと工夫したApiが提供されています。 

[NativeDriver] 
  Seleniumの正当な派生物でありGoogleが提供しているテストツールです。androidだけでなくiOSなどもテストターゲットにはいっています。Selenimとコンパチな開発環境を提供しており。Ruby javascriptなどのJava以外の言語でテストが書けます。 
NativeDriverは、自前のサーバーをandroid上で動作させています。Rubyやjavascriptで書かれたシナリオから送られてくるテキストデーターを逐一解釈してInstrumentationを通してandroidアプリ操作します。 

[NativeDriver と Robotiumの違い] 
   - Robotiumは、Seleniumっぽい何かだが、NativeDriverはSeleniumそのもの。 
   -  Robotiumは同一プロセス上で動作しているので、直接テスト対象のアプリのクラスにアクセスできるが、NativeDriverはSeleniumでサポートしている範囲の事のみ、アプリのクラスに直接アクセスできない。 
   -  Robotiumのコードはシンプルで量が少ないが、NaiveDrivermはSelenium化のためのコードが、多くを占めていて、コード量が多い。 




[KyoroText選択] 
KyoroTextでは、Robotiumのコードから使用したいエッセンスを取り出して。自前のテストフレームワークに追加していく方法をとっています。 
NativeDriverが、Seleniumの正当な拡張であり、なおかつ、Android OS を提供しているGoogleから出ているテストフレームワークであることを考えると。 ※ WEBアプリやIOSでも使用できる優れもの!!! 
Robotiumの存在が弱くかじる方がほとんどではないでしょうか。RobotiumにGoogleみたいなモンスター企業がバックにないぞ。大丈夫か?と考えるのが正常な人の判断です。 


私がNativeDriverを選択肢なかったのは、「NativeDriverはSeleniumの正当な派生物であるがために、融通がきかない。」という理由からです。また、Robotiumの方がコードがシンプルで量も少なく、簡単に理解できます。 


でも今後の互換性は大丈夫か、「きちんと最新の環境にすぐに対応してくれるのか?」と不安を覚えるかも知れません。「Google様がなんとかしてくれるはずだ!!」という考え方もあるでしょう。 
または、私のように、「最悪自分で何とかできなきゃダメなんだ」と考えるのもありです。 
どちらも、イケてる判断です。 

※よく、他のブログなどでは、非公開APIを使っているRobotiumの互換性は将来的には不安だ!と情報が流れていたりしますが、NativeDriverも、非公開APIを使用していますよ!! 

Google様がサポートし続けるなんて保証はありません。ならば自分が即座に対応できものを使用しようと考えました。 
ならば、シンプルで、融通がきくRobotiumがだんぜん良さそうです。 

たぶん次回のネタ

 KyoroTextは、画面を無限分割する事ができます。とても便利です。
 どのように実現したのか?分割方法としてどんな候補があったのか?
 紹介します。

コメント

このブログの人気の投稿

KyoroStressの技術 -1- Low Memory Killer を意図的に発生させたい

[課題] Low Memory Killer を意図的に発生させたい Androidには、ヒープが涸渇すると使われていないアプリをKillする機能があります。 この記事では、意図的にヒープを枯渇させて、この状態をつくる方法について説明します。 単純にヒープを大量に消費するアプリを作成すれば良いように思えます。 しかし、これだけでは上手くいきません。   -A ひとつのアプリで消費できるヒープが制限されているため、ひとつのアプリで端末のヒープが涸渇している状態をつくれない。   -B ヒープを涸渇しているアプリがPFにKILLされる場合がある。 といった問題があります。 KyoroStressV2での解決方法を紹介します。 [KyoroStressでの解決方法] Kyoro Stress では、以下のような方法をとりました。 - 1. 複数のServiceを、各々異なるプロセスで起動する。 - 2. 各々Serviceで大量のヒープを消費する。 複数のプロセスを立ち上げれば、PFのヒープを枯渇させることができます。これで、(A)の問題が解決できました。 また、Bについては、「生きているプロセス」が「KILLされたプロセス」の分もヒープを消費すれば上手くいけそうです。 [BigEater(ヒープ消費サービス)の動作] KyoroStressV2で、ヒープを消費するサービスは以下のシナリオで動作しています。 - 1. 指定されたヒープを取得する。 is retry が true の時、指定されたヒープを取得できるまで、1を何度も繰り返す。 - 2. KILLされたサービスを復活させる。 is retry が true の時、Threadが死ぬまで、何度も2を繰り返す。 - 3. 終了 といった感じです。 このままでは、すべてのServiceがPFにKILLされたら上手くいかないように思うかも知れません。 しかし、時間がたつと(数秒)、PFはKILLしたServiceを再起動します。 このため、ServiceがすべてKILLされても、ヒープを大量に消費しようとする状態は保持されます。 [使い方] KyoroStressV2の操作方法…

P2P探訪 STUNでNAT越え その1

UPnPを用いて、NAT越えできました。しかし、ルータがUPnPをサポートしていなかったり。UPnPだけでは越えられないNATがあります。

本文では、その代案として前回解説できなかった。「適当なサーバーに接続してみて、相手から見えているアドレスを返してもらう方法」について解説していきます。

TCPの限界 インターネットで公開されている情報のほとんどは、TCPという通信方法でデータをやり取りされています。ですから、インターネットで情報を公開したい場合は、TCPサーバーを立ち上げる事を考える事でしょう。
 しかし、ルータがUPnPをサポートしていない場合、TCPを用いたサーバーを運用する事は困難になります。※ 基本、無理と考えもらって問題ありません。


接続相手から教えてもらう方法はどうした? 適当なサーバーに接続してみて、相手から見えているアドレスを返してもらう事で実現できないのでしょうか。前回はできそうな事を臭わせていました。しかし、TCPにおいて、これは困難です。

実際にTCPのプログラムを書き確認して見ましょう。接続相手のホストアドレスは推測できます。しかし、ポート番号を知るすべはありません。


import java.io.IOException; import java.net.Inet4Address; import java.net.ServerSocket; import java.net.Socket; import java.net.UnknownHostException; public class TCPTest { public static void main(String[] args) { TCPTest test = new TCPTest(); test.startServer(); try { Thread.sleep(3000); } catch (InterruptedException e) { e.printStackTrace(); } test.startClient(); } private Server mServer = new Server(); public void startServer() { mServer.start(); } public v…

P2P探訪 Raider その1-2 Torrentファイルフォーマット

というわけで、前回に引き続いて、この記事ではTorrentファイルについて説明します。 [Torrent file format] 前回、Bencodingを実装したのでTorremt Fileを読み込めることができるようになりました。 今回は、Torrentファイルから必要な情報を読み込む方法について解説します。 torretファイルから取得できる情報はどんなものかは、別の機会に解説します。 ここでは、torrentファイルには 2つのフォーマットがあることとデータ構造を説明します。 たとえば、「"announce"というデータが何なのか?」については解説しません。 torrentファイルでは、ダウンロード/アップロードの対象としているファイルが、ひとつの場合と複数の場合で構造がすこしだけことなります。 ひとつの時を、「single file」 複数の時を「multi file」と呼ぶことにます。 では、データ構造を紹介します。 - single file pattern bendiction benstring "announce" beninteger "creation date" bendiction "info" beninteger "length" benstring "name" beninteger "piece length" bebstring "pieces" - multi file pattern bendiction benstring "announce" beninteger "creation date" bendiction "info" benlist "files" bendiction beninteger "length" benlist "path" benstring be…