2012年12月24日月曜日

KyoroText で使用されている技術 その6


この記事を読む人はカナリ少ないです。
今読んでいる「あなた」、もしかすると「あなた」だけかもしれません。 
.. そんな、「あなた」だけがための今回の課題は、「ヒープに収まらないテキストを編集したい」です!! 


[課題]ヒープに収まらないテキストを編集したい 


KyoroTextはでっかいデータをノータイムで表示できる事を実現したアプリです。 
なので、KyoroTextで編集するデータはヒープに収まらないデータとなります。 

ヒープに収まらないデータの一部を変更/編集したい場合、どうすればよいでしょうか? 
KyoroTextでとった方法を解説します。 



[作戦] 
パパパッと思いついた作戦は、以下の2つです。 
  -a 変更したところだけ記録する。 
  -b 内部ストレージを、ヒープであるかのように使用する。適当にキャッシュして、ストレスなく扱えるように調整する。 

「-a」を実現するLogicは直ぐに思いついたのですが、「-b」を、実現するLogicは直ぐに思いつきませんでした。また、応答速度の最悪値が、良く無い場合には、うまく同期させる機能が必要になるかもしれません。 
とりあえず、簡単に実現できそうな、「-a」を実装することにしました。 


[変更点だけ記録する方法] 

  KyoroTextで採用したデータ構造はかなり単純です。 
  以下のような情報を持ったデータをListに記録しているだけです。 
   -「N行目にデーターを追加した」 
   -「N行目のデーターを削除した」 

  「テスト」と「UNDO/REDOの実装」が簡単になるように、「追加」「削除」の2つだけにしました。これだけで、編集前と変種後の差分を全て表現できます。例えば、「特定の行のテキストを置換する場合」には、以下のような感じで表せます。 
   1. 置換する行を削除する。 
   2. 置換した後のテキストを、削除した行に追加する。 


これならば、簡単に実現できそうですね!! 


具体的には、以下のような感じになりました。 改善の余地はかなりある。
https://github.com/kyorohiro/KyoroHelloAndroid/tree/master/KyoroCommon/src/info/kyorohiro/helloworld/display/widget/editview/differ


https://github.com/kyorohiro/KyoroHelloAndroid/tree/master/TestForKyoroCommon/src/info/kyorohiro/helloworld/display/widget/editview/differ


[次回のネタ]

  このブログに来る人は、特定のキーワード(APIとかフレームワーク名だとか)をGoogleした人がほとんどみたいです。より多くの人の目にとまるように、特定のキーワードが使って何か書く予定です。
  - SurfaceView上で、InputConnactionを使った簡単なサンプル
  - Robotiumを使った簡単なサンプル
  - JavaのC#への変換ついて、特定のツールの使い方
  - ..
  - .


0 件のコメント:

コメントを投稿