2017年1月13日金曜日

Dart x Flutter の platform-services機能で AndroidアプリにDartを埋め込んでみた。

platform-servicesの機能を利用すれば、AndroidアプリにFlutter x Dart を埋め込む事ができます。また、Dart側のコードと連携もできます。
この機能を利用すれば、Flutterにはまだ実装されてない機能も
ドンドン追加していけます。

1. 公式のサンプルコードは以下にあります。
https://github.com/flutter/flutter/tree/master/examples/hello_services

2. 具体的な解説は以下
https://flutter.io/platform-services/


## サンプルを実行してみた。
1. clone サンプルコードをダウンロードhttps://github.com/flutter/flutter/tree/master/examples/hello_services

2. android/local.propertiesを追加
```
flutter.sdk=/Users/kyorohiro/tools/git/fluttersdk.dir=/Users/kyorohiro/Library/Android/sdk
sdk.dir=/Users/kyorohiro/Library/Android/sdk
```

3. Android Studioで、androidを開けば、ビルドと実行ができます

※ サンプルのDartのコードを変更して、ビルドすると、直ぐに反映されます!!

### 軽い説明
このサンプルは、起動すると、
1. FlutterMainを呼び出して、初期化します。
2. その後、GetButtonNumberと書かれたボタンと、FlutterViewをActivityに貼り付けます。
3. /data/user/0/com.example.flutter/app_sky_shell/app.flx からコードを読み込みます。
4 GetRandinNumbeボタンを押すと、JavaからDart側のコードを呼び出します。
5. Get Locationを押すと、DartからJava側のコードを呼び出します。


### 補足
AtomとかからDartのコードをいじって、そのまま起動とかできるので、
開発もストレスなくできそう。






0 件のコメント:

コメントを投稿