2017年1月22日日曜日

Eddystone を試してみた。

Eddystoneを試してみました。
Eddystoneは、Google が勧めている Beaconサービスです。
Beaconといえば、AppleのiBeaonが有名ですが、Google も遅れて参戦してきました。

Chromeブラウザーがすでに、Beaconを発見する機能を持っている事と、
あと、URL(http://www 等をのぞいた17文字)を直接Beaconとして発信できるため、eddysone対応のBeaconを利用すれだけで、WebページをBeacon対応化できます。


Beaconを発信してみる

https://github.com/don/node-eddystone-beacon を利用するとすぐできます。
===
EB = require('eddystone-beacon');

EB.advertiseUrl('https://goo.gl/EmhB38');
===

アドレスは、httpsである必要があります!! ショートURLのリダイレクト先も同様です。
httpsである必要があるようです。
※ 正確には、chromeが受信するためには...


Beaconを受信してみる。

Chromeを設定してください。ちょっと、めんどくさいです。

android 

https://support.google.com/chrome/answer/6239299?co=GENIE.Platform%3DAndroid&hl=en

ios

https://docs.pushmote.com/docs/how-to-enable-chromes-physical-web-extension-on-the-ios


発見すると、通知画面に表示されます。バックグラウンドで実行されているわけではないので、iosでは、Widgetを開く必要があります。Androidも似たような感じでした。



0 件のコメント:

コメントを投稿